パソコンで順番待ち
〒418-0022 静岡県富士宮市小泉1975-19

0544-21-1200

ソケイヘルニア(脱腸)|静岡県 富士宮市 肛門科 外科 - おいかわクリニック

HOME医師のご紹介当院のご案内交通案内
モバイルサイト
順番待ち

ソケイヘルニア(脱腸)

HOME»  ソケイヘルニア(脱腸)

ソケイヘルニア(脱腸の手術)

力んだときや長時間歩いた後などに下肢の付け根の少し上がプクッと膨らんでくる疾患です。
下腹部の壁の弱い部分からおなかの中の臓器がはみ出してくるのですが、
腸がはみ出すことが多いので「脱腸」と呼ばれています。

痛みが出ることが多いですし、放っておくと腸が締め付けられて血流障害を来たし壊死に陥ってしまうと大変なことになります。
お早めにご相談ください。

ちょっと専門的になりますが、「内ソケイヘルニア」「外ソケイヘルニア」という2種類があって、
もうひとつ別に「大腿ヘルニア」という似たような(少しだけ違う)疾患もあります。
ちょっと難しいので、これらの疾患で来院された方には詳しく説明いたします。

いずれにしても受けていただく患者様にとっては似たような手術だと思ってください。

手術は腹膜に連続している「ヘルニア嚢(のう)」という袋を切り取り、弱くなっている壁を補強するというものです。
補強の方法にはいろいろあるのですが、最近はヘルニア専用の補強具(異物)を埋め込んで補強するのが一般的です。

若い方の場合には壁の弱い部分を縫い縮めるだけのこともあります。
創は5cm前後ですが、パンツの中に隠れてしまいますし、個人差はありますが、ほとんど毛の生えている部分ですのでさほど目立ちません。

もちろんキズは縫うのですが、皮膚には溶ける糸を使用し、しかも皮膚の中に埋め込んでしまいますので抜糸も必要ありません。
麻酔は基本的には硬膜外麻酔という方法で行っています。
この手術の場合、さほど大きなキズではありませんが、
手術後にも鎮痛目的にこの麻酔を引き続き使用することができますので、最も楽な方法であると思います。

手術の後は個室で十分に休んでいただきます。

pagetop